ホルモン剤は多用しても大丈夫なの?

ホルモン剤は誰でも服用できる?どんなときに服用するのか? - がん治療とホルモン剤の関係

がん治療とホルモン剤の関係

あなたのまわりの人で、がんにかかった人はいませんか。医療がこれだけ発達しても、がんの治療は本当に大変で厳しいものです。
手術や投薬による治療で完治したと言われても、あとから再発するケースもまだまだ目立っています。

がん治療にホルモン剤が使われる

投薬による治療ときくと、抗がん剤を想像する人がほとんどでしょう。しかし、投薬による治療では、実はホルモン剤が使われることも多いのです。
そのホルモン剤についても、たとえば乳がんだったり、さらに前立腺がんなど複数のがんに対して、ホルモン剤が使われているのです。
しかし、なぜがんの治療にホルモン剤が使われるのでしょうか。
たとえば乳がんだと、エストロゲンの増加によりがん細胞やがん病巣が増殖していきます。そこで、男性ホルモンのホルモン剤を投与することでエストロゲンが減少し、それにともなってがん細胞がちいさくなることが確認されています。
同じように男性ホルモンが影響してくる前立腺がんに対して、女性ホルモンのエストロゲンを投与することで、前立腺がんの細胞が収縮してくるというのです。
こういったことが確認されて、ホルモン療法として、治療の選択肢として確立されているのです。

副作用もあることも忘れてはいけない

それぞれのホルモン剤をつかうことで、乳がんの再発防止や前立腺がんの改善にも向かいます。
しかし、やはり副作用もさけてはとおれません。
たとえば、むくみやほてり、頭痛、倦怠感から、じんましんやひどくなると呼吸困難になる可能性もあります。
さらに男性の場合、女性ホルモンの投与により、乳房が大きくなるといった副作用も確認されています。

薬や食事にも気を付ける

時には他の薬との併用により、効果が弱くなることもあります。さらに乳製品など食事でも効果が弱くなることもあります。
医師や薬剤師と相談し、食生活から整えて、ホルモン剤の効果を最大限に発揮するようにしていきましょう。

関連する記事

Copyright(C)2017 ホルモン剤は多用しても大丈夫なの? All Rights Reserved.