ホルモン剤は多用しても大丈夫なの?

ホルモン剤は誰でも服用できる?どんなときに服用するのか? - 女性ホルモン補充療法とはどんな治療なのか

女性ホルモン補充療法とはどんな治療なのか

女性にとって、ホルモンの影響によって体調を大きく崩すこともあるのです。若い頃だと、生理不順ですんでいても、50代頃になると更年期障害を引き起こすことになりやすいのです。
女性にとっては、ホルモンについても知識があった方が、自身の健康のために繋がるとも言えるのです。

女性ホルモンを補う

女性ホルモンも年齢とともに、その分泌量は減っていくものです。それも卵巣の機能の低下に伴って起こるものです。
確かに卵巣の機能低下は、加齢とともに起きてきます。ホルモンは卵巣により作られていました。しかし、機能の低下によりホルモンが減少したり、バランスが悪くなると妊娠しにくくなってしまったり、体調不良になったり、50代になれば更年期障害となるのです。
そこで、ホルモン剤をつかい、ホルモンを補うことで治療をしようという考えが出てきたのです。

女性ホルモン補充療法とは

女性ホルモン補充療法も、やはりホルモンを補う治療の1つです。他にはあってそれは実はピルを使うのもホルモンを補う治療ともいわれています。
女性ホルモン補充療法は、主に更年期障害を治療をすることを目的としたものをいいます。
この治療をするときに使うホルモン剤は、エストロゲンです。ホルモン剤も使うとなると、普段はあまり聞かない薬なので不安の声もありそうです。
しかし、実際には女性ホルモン補充療法は、何十年もわたって行われてきた治療方法なので、万が一の副作用にも対処方法もしっかりとしていて、安心できる治療方法なのです。

費用の心配も不要

もちろん、女性ホルモン補充療法にて処方されたお薬はもちろん、診察なども保険が適用されるので、自己負担も他の病気治療と同じ3割で済みます。
治療を続けていても、負担はかなり抑えられるでしょう。

関連する記事

Copyright(C)2017 ホルモン剤は多用しても大丈夫なの? All Rights Reserved.