ホルモン剤は多用しても大丈夫なの?

ホルモン剤は誰でも服用できる?どんなときに服用するのか? - ホルモン剤での副作用の対処方法

ホルモン剤での副作用の対処方法

ホルモン剤を使った治療も、どんどんと広まっています。それだけ、いろいろな病気に有効だということです。
また、医学も進歩しており、以前はホルモン剤を飲むことでリスクも高まるなんて声も聞こえてきましたが、実はそうでもなかった、また、対処の方法もわかってきて、よりホルモン剤も使いやすくなってきたと言えます。

ホルモン剤の副作用とは

とはいえ、必ずしもホルモン剤が万能というわけでありません。また、個人差もありますが、副作用も確認されています。
薬を使う上では、たしかに副作用についても知っておくべきことです。それにより、必要以上に薬への不安を持つこともなく、またきちんと飲む、塗るなど接種して病気の治療を進めることとなるのです。
その副作用としては、次のようなものがあります。
まずは、不正出血があります。ホルモン剤を飲むことで、女性ホルモンのバランスが正常になり、それにより出血することがあります。ですので、必ずしもホルモン剤の悪影響ではないので、不安になる必要はありません。
ほかには、乳房のはりなどもあります。またむかつきや吐き気、頭痛やむくみなども起きることもあります。
これらが一般的な副作用と言えます。

副作用の対処方法とは

こうした副作用が出るのは、ホルモン剤の飲みはじめの頃が多いです。ですので、飲みなれていくにつれて、対内のホルモンのバランスもなおってくるので、だんだんと収まるものと心がけておきましょう。
そして、医師と相談して、まずはホルモン剤を飲む回数を少な目にする、またその量も錠剤を半分から始める、塗り薬の量も少しから始めるといってことが対処と言えます。

症状によっては長くなる

症状によっては、ホルモン剤を使うことも長くなる可能性があります。
ですので、副作用との付き合いもあると言えます。時には種類を変えるなど、医師との連携と体調の変化を速やかに連絡することが大切と言えます。

関連する記事

Copyright(C)2017 ホルモン剤は多用しても大丈夫なの? All Rights Reserved.